見出し画像

【現代碁の最前線】小目の二間バサミ定石オススメ戦法【広瀬優一七段③】

 前回に続き、小目の二間バサミ定石で現れる「最新のハサミ対策」を広瀬優一七段の解説でお送りします。「定石の流れをコントロールできるのでオススメです」と広瀬七段。積極的に仕掛けることが、かえって安全になる現代定石の活用方法を紹介します。

2023年の成績で勝率1位に輝いた広瀬七段

広瀬七段インタビュー
 ――普段の勉強方法を教えてください。
 「AIの研究が半分以上ですが、僕は人の碁を見るのが好きです。例えば、多くの実戦例を見て『最近こういう形が打たれている』というのがわかるので、それから流行形など調べることが多いです」

 ――1つの形を徹底的に調べるより、観戦で気になった形を調べる方が多いですか?
 「もちろん、1つの形を徹底的に調べることもありますが、僕の場合、感覚が悪くなることがあるんですよね」

 ――感覚が悪くなるとは?
 「1つの形や定石を研究すると、全体的なバランスが見えなくなるタイプなんです。後は感覚も良くないと思っているので、その改善という意味でも、人の碁を見て勉強しています。後で、AIの評価と自分の感覚を照らし合わせるイメージです」

 ――アマチュアの方に、難しい形になりそうな局面でどういったことを準備すべきか、何かアドバイスをお願いします。
 「僕が言えたことではありませんが、明らかに定石を深く知っている相手なら『自分が知らないことはあまりやらない方が良い』です。研究を外す手段を知っておくのも大事ですね」

 ――簡明な定石を準備した方が良いということですね。
 「ただ、僕の場合、難しい形をやりたくなって潰れてしまうんですよね。練習碁だったらいいんですけど、手合でもたまにやってしまって……」

 ――そうは言っても、昨年は勝率1位になるなど好成績でしたよね。
 「自分は定石の知識は少ないんですけど、難解な変化に取り組むのは好きなんです。心意気が良かったかもしれません(笑)」


テーマ図「攻めは最大の防御」

 白1と黒2を交換した後、白3とハザマを突くのがオススメ。複雑な戦いに引き込まれるように見えて、今まで紹介した定石よりも、わかりやすい進行へ収束できます。

ここから先は

1,181字 / 17画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!