見出し画像

福岡、4連勝【第33期竜星戦】

 福岡航太朗五段は3期目の本戦出場。1回戦から出場し、3連勝で4回戦進出を決めた。迎え撃つ鈴木歩七段は11期目の本戦出場。
 序盤の攻防で福岡がポイントを奪い、優勢を確立。その後も局面をうまくコントロールして快勝した。
 解説は内田修平八段


〈第33期竜星戦本戦Fブロック・4回戦〉
黒 鈴木歩七段 白 福岡航太朗五段

鈴木歩七段(左)と福岡航太朗五段

※棋譜再生は最終譜のあとにございます。

〈第1譜〉1―26

 鈴木の先番。黒13とツメて、右下白にプレッシャーをかける。福岡は白14から24と整形。白26と進出して一段落した。互角のワカレのようだ。
 「あまり見たことのない形ですが、両者の打ちぶりを見るに、お互い研究してそうな気がします」と内田八段。

ここから先は

1,162字 / 10画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!