見出し画像

2023三星火災杯ワールド碁マスター国内予選

 9月5、12日に「2023三星火災杯ワールド囲碁マスターズ」の日本国内予選がインターネット対局で行われた。5日の一般枠予選は本木克弥八段、シニア枠予選は依田紀基九段が制した。なお、シード選手は井山裕太九段、許家元九段。本戦は11月16日に韓国・京畿道高陽市「三星火災グローバルキャンパス」で行われる。

国内予選のトーナメント表

■国内予選概要
一般枠 :9月5日
シニア枠:9月12日
対局場所:日本棋院東京本院、関西総本部、中部総本部、関西棋院においてインターネット対局
対局方式:コミ6目半、持ち時間各1時間、60秒の秒読み5回

本戦概要
1回戦:11月16、17日
2回戦:11月19、20日
3回戦:11月21、22日
準決勝:11月23、24日
決勝三番勝負:11月25、27、28日
対局場所:京畿道高陽市「三星火災グローバルキャンパス」
対局方式:32名のトーナメント戦、コミ6目半、持ち時間各2時間、60秒の秒読み5回

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!