見出し画像

最終局へつなぐか、奪還なるか【天元戦五番勝負第4局・前日】

 関航太郎天元に一力遼棋聖が挑戦している第49期天元戦五番勝負(主催:神戸新聞社など新聞三社連合、協賛:淡路共正陸運株式会社、洲本金融連盟)は、第3局までを終えて一力挑戦者が2勝、関天元が1勝である。
 第4局は、関天元が最終局へ望みをつなぐか、挑戦者の奪還なるか、目が離せない一戦となる。
 注目の一戦は、12月6日(水)に兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」で行われる。

【現地関係棋士】
立会  :後藤俊午九段
新聞解説:村松大樹七段
記録係 :村本 渉四段大森らん二段

【中継関係棋士】
ネット「幽玄の間」解説:酒井佑規四段

 関天元は東京から新幹線と車を乗り継いで現地入りした。一方、一力棋聖は農心杯辛ラーメン杯に出場したあと釜山に残って勉強を続けていたので、今朝空路で関西国際空港に飛んで車に乗り継いで現地入りした。
 関係者は前日5日にそれぞれ対局場で合流する形となり、夕刻に検分やインタビューが行われた。



検分・インタビュー・記念撮影

 検分は16:00に行われた。
 立会人の後藤俊午九段や本局関係棋士同席のもと、明日の対局で使う盤石の確認をする。盤石や座椅子、脇息は関西総本部から送ったもの。

盤石の確認をする両者

ここから先は

1,514字 / 5画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!