見出し画像

日本の藤沢、準優勝【第6回呉清源杯世界女子囲碁選手権・決勝三番勝負②】

 12月3日に「第6回呉清源杯世界女子囲碁選手権」(主催・中国囲棋協会、福州市人民政府)の決勝三番勝負第2局が、中国福建省福州市の「呉清源囲棋会館」で行われた。
 日本の藤沢里菜六段が韓国の崔精(チェジョン)九段に惜敗。2連勝で崔精が3度目の優勝を飾った。(写真提供・囲棋天地、体育週報)

対局場となった「呉清源囲棋会館」

第6回呉清源杯世界女子囲碁選手権・決勝三番勝負第2局
黒番:藤沢里菜六段 白番:崔精九段
主催:中国囲棋協会、福州市人民政府
協賛:福州市体育局、鼓楼区人民政府、長楽区人民政府、福州市囲碁協会
対局会場:中国福建省福州市「呉清源囲棋会館」
持ち時間:2時間、使い切った後に1分の秒読み5回
優勝賞金:50万元
対局日程:第1局 崔精九段、黒番中押し勝ち
     第2局 崔精九段、白番中押し勝ち
※韓国の崔精九段が2勝0敗で優勝



藤沢里菜六段の局後コメント

惜しくも準優勝となった藤沢六段

 「自分の最高が、ベスト8でしたので決勝に進むことができたのは良かったです。ただ、決勝戦0―2で負けてしまったのはとても残念ですが、崔精さんと、決勝で対局できたのはいい経験になりました! これからも世界戦で優勝という目標を掲げて精進していきたいと思います」と藤沢六段からコメントを頂きました。

ここから先は

715字 / 13画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!