見出し画像

圧巻のシノギ 一力本因坊が初戦を飾る【第79期本因坊戦 五番勝負 第1局・棋譜解説】

 一力遼本因坊に余正麒八段が挑戦する「第79期本因坊戦挑戦手合五番勝負第1局」(主催・毎日新聞社、日本棋院、関西棋院/特別協賛・大和証券グループ)が5月14日、東京都台東区・上野「東京国立博物館」で行われた。
 厳しく攻める余に対し一力が鮮やかなシノギを見せて、一力が白番中押し勝ち。初防衛に向けて幸先良く先勝を挙げた。(記・関根新吾)

第79期 本因坊戦五番勝負 第1局
主催:毎日新聞社、日本棋院、関西棋院
特別協賛:大和証券グループ
賞金:850万円(第79期から)
持ち時間:各3時間、5分前より1分の秒読み

 本局の立合人は張栩九段、新聞解説は河野臨九段、現地大盤解説に鶴山淳志八段、聞き手に星合志保三段、記録係は青木裕孝三段、竹下凌矢二段。
 ネット対局「幽玄の間」&「日本棋院囲碁チャンネル」解説は鈴木伸二八段



〈第79期 本因坊戦五番勝負・第1局〉
 余正麒八段 白 一力遼本因坊
持ち時間:各3時間、残り5分から秒読み

棋譜再生はこちら

〈第1譜〉1-37 「大事な初戦」

 本局は東京国立博物館での対局。博物館内の庭園にある「九条館」が使用された。この九条館は九条公爵ゆかりの木造建築物で、床の間には狩野派による山水図が描かれており、長い本因坊戦の歴史の中でも、格別に風趣あふれる対局場だった。

ここから先は

2,459字 / 25画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!