見出し画像

西、狙い炸裂【第33期竜星戦】

 田中佑樹二段は初めての本戦出場。1回戦で村本渉四段を破り、2回戦進出を決めた。対する西健伸五段は3期目の本戦出場。
 前半は形勢互角で進むも、中盤で西の厳しい狙いが炸裂。試合の流れを掴んだ西が、その勢いのまま勝利した。
 解説は白石勇一七段。


〈第33期竜星戦本戦Dブロック・2回戦〉
黒 西健伸五段 白 田中佑樹二段

西健伸五段(左)と田中佑樹二段

※棋譜再生は最終譜のあとにございます。

〈第1譜〉1―29

 西の先番。「西さんの碁は独特なんですよね。大局観で打つタイプで、普通では考えられないような手をあえて打つことがあります」と白石七段。白14の一間バサミに対し、黒15の二間トビは珍しい応手だ。
 田中は白24から28と襲いかかったが、西はこれに手を抜いて黒29と左下白に迫っていった。

ここから先は

1,295字 / 11画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!