見出し画像

【アジア競技大会】個人戦本戦トーナメント決勝、三位決定戦

 9月28日に「アジア競技大会」囲碁競技の個人戦本戦トーナメントの決勝・3位決定戦が中国・杭州棋院チェスホールで行われた。日本の一力遼選手は韓国代表の申真諝選手に敗れ、4位となった。

一力(右)は見せ場作れず、メダル獲得を逃した
3位決定戦の対局風景
決勝戦に多くのカメラマンが集ったため、ライターは会場に入れない形に

 また、決勝戦は中国代表の柯潔選手と中華台北の許皓鋐選手が対決し、許選手が優勝した。本戦1回戦から決勝までの3局とも、半目勝負に近い細かい内容で、許選手が勝負強さを発揮した。

中華台北代表の許選手が勝負強さを見せ、世界戦優勝を飾った
表彰式の様子。左から2位の柯潔選手、優勝の許選手、3位の申選手
多くの報道陣が中国代表の柯潔選手に取材する様子

9月28日:決勝戦、3位決定戦の結果
※左側が勝者
【決勝戦】

許皓鋐(中華台北)―柯潔(中国)
【3位決定戦】
申真諝(韓国)―一力遼


一力インタビュー

悔しさで涙ぐむ一力。団体戦でリベンジを果たしてほしいところ

 ――本局の感想をお願いします。
 一力「まずすぎましたね。序盤の判断もよくわかってなくて、チャンスも見いだせないまま終わってしまいました」

 ――個人戦全体を振り返っていかがでしたか?
 「メダルを目標にやってきたので…(本日の)午前も午後も内容が悪すぎて…。もちろん、チームジャパンとして、日の丸を背負って戦う独特な緊張感があった中で、準決勝に進めたのは良かったですが、いろいろ足りない部分があると感じました」

悔しさを胸の内に収め、多くの報道陣の質問に答える一力

 ――明日から始まる団体戦への抱負をお願いします。
 「しっかり気持ちを切りかえつつ、悔しい気持ちを忘れず、リベンジしてメダルを獲得したいです」

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!