見出し画像

【アジア競技大会】個人戦予選6回戦&本戦トーナメント組み合わせ

 9月26日に「アジア競技大会」囲碁競技の個人戦予選6回戦が中国・杭州棋院チェスホールで行われた。日本の一力遼選手はタイ代表のSornarra Pongsakarn選手、芝野虎丸選手は中華台北代表の許皓鋐選手と対戦し、一力が4勝目を上げた。一力は3位、芝野は4位で予選突破。本戦の組み合わせは一力―楊鼎新(中国)、芝野―柯潔(中国)となった。

一力は最終戦を制し、予選突破を確定させた
予選6回戦で敗れるも、首の皮一枚で本戦入りを果たした芝野

予選6戦の結果とトーナメント1回戦組合せ

9月26日:個人戦予選6回戦の結果
※左側が勝者、名前の隣が勝ち点(手空きは2点)
【A組】
申真諝12―6Karuehawanit Wichrich
楊鼎新10―4Sam In-hang
許皓鋐8―6芝野虎丸
陳志軒6―2LeeShou-kai
Kwa Jie-hui6(手空き)

【B組】
柯潔12―6陳乃申
朴廷桓10―4曽富康
一力遼8―4Sornarra Pongsakarn
Kang Zhan-bin6―2Lou Wan-kao
頼均輔8(手空き)

9月27日:個人戦本戦トーナメント1回戦の組み合わせ
【ブロック①】

一力遼―楊鼎新(中国)
芝野虎丸―柯潔(中国)
【ブロック②】
朴廷桓(韓国)―許皓鋐(中華台北)
申真諝(韓国)―頼均輔(中華台北)

 本戦トーナメント1回戦は日中対決、韓台対決の構図となった。日本、中華台北の選手ともに中国韓国の壁を打ち破れるか、日本時間16時より対局が開始される。


一力インタビュー

貫禄の勝利で3位通過を果たした一力

 ――まず、一局を振り返っていかがでしたか?
 一力「序盤から打ちやすい展開になり、そのまま押し切れました」

 ――予選3位通過でトーナメント1回戦では、中国の楊鼎新選手と対戦します。
 「(予選では)中国韓国の選手に負けたので、本戦でリベンジしたい気持ちは強いです。対戦相手の楊鼎新さんは成績を残している方ですけど、何としても一矢報いたい気持ちです」


芝野インタビュー

 ――まずは予選最終局の感想をお願いします。
 芝野「序盤で打ちづらくして、中盤以降も差をつけられるまずい内容になってしまいました」

予選6回戦終了時、芝野の順位が記されたリリース

 ――本戦はぎりぎり4位通過となりました!本戦への意気込みを教えてください。
 「中国、韓国、中華台北の選手には負けましたが、本戦で勝てば良いということで。次は中国の柯潔選手と当たりますが、力を出し切れたらと思っています」

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!