見出し画像

芝野名人3連勝か、井山王座巻き返すか【第48期名人戦挑戦手合七番勝負第3局】

 2連覇を目指す芝野虎丸名人井山裕太王座が挑戦している 第48期名人戦挑戦手合七番勝負(主催:朝日新聞社・日本棋院・関西棋院、協賛:株式会社明治) の第3局が9月19日(火)から愛知県田原市の「角上楼」で行われている。
 今期は芝野名人が開幕戦から2連勝。勢いに乗る名人が3連勝とするか、挑戦者・井山王座の巻き返しなるか、注目の一戦である。
 定刻の午前9時に立会人の羽根直樹九段が合図をすると先番の井山王座が右上隅小目に初手を放ち、対局が始まった。

対局開始の合図とともに初手を放つ井山王座(左)
第3局の対局場は愛知県田原市にある「角上楼」

 1日目は井山王座が91手目を17時51分に封じて打ち掛けた。消費時間は、黒(井山)が4時間42分、白(芝野)が3時間9分。

封じ手を立会人の羽根直樹九段(左)に手渡す井山王座

 明日20日(水)の午前9時に封じ手を開封して再開し、同日夜までに終局する見込み。

 対局についてはネット対局「幽玄の間」、朝日新聞デジタル、朝日新聞「囲碁将棋TV」等にてご覧いただけます。(今回、日本棋院囲碁チャンネルでの配信はありません)

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!