見出し画像

大会レポート編【国際アマ・ペア碁選手権大会】

中国ペアが優勝

 第33回国際アマチュア・ペア碁選手権大会が12月2、3日に東京・飯田橋の「ホテルメトロポリタンエドモント」で行われ、日本8地区の代表16ペアと、海外15ヵ国・地域の代表16ペア、合計32ペア64名が出場した。

 順位の決め方はスイス方式5回戦。第3戦を終えた時点で、日本の3ペアと中国ペアが全勝。第4戦で、谷結衣子・大関稔ペアと中国の陳思(チェンシー)・王琛(オウチン)ペア、藤原彰子・石村竜青ペアと倉科夏奈子・杉田俊太朗ペアがそれぞれ対戦し、中国ペアと藤原・石村ペアが全勝を保持。そして最終戦、優勝をかけて両ペアがぶつかり、結果は陳・王ペアの勝利に終わった。中国代表が頂点に立ったのは第16回以来17大会ぶり。
 準優勝となったのは倉科・杉田ペア。最終的に5ペアが4勝1敗で並んだが、スイス方式の計算によるものである。藤原・石村ペアは3位。

 本大会と同時に松田杯第8回世界学生ペア碁選手権大会も開催。日本3ペアと海外5ペア、合計8ペアが3回戦で争い、周楽萱(シュウガクケン)・龐子鈺(ホウシゴク)の中国ペアが優勝した。
 また、大会2日目には、さまざまな棋力の愛好家が参加できる荒木杯ハンデ戦も行われ、賑わいを増した。

主催:日本ペア碁協会、国際アマチュア・ペア碁選手権大会実行委員会
主管:世界ペア碁協会、国際囲碁連盟、全日本囲碁連合
後援:外務省、国土交通省、文化庁、国際交流基金、東京都、日本棋院、関院、読売新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社、東京都健康長寿医療センター
特別協賛:JR東日本、日立製作所、日本航空
協賛:QTnet、京急電鉄、ジェイアール東日本企画、東急グループ、東京メトロ、トピー実業、ホテルメトロポリタンエドモント、山崎製パン、アド グラフィックス、フジサワ・コーポレーション、パンダネット、日本交通文化協会、NKB
協力:棋道web
企画・運営:NKB

ここから先は

2,807字 / 14画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!