見出し画像

第11期会津中央病院・女流立葵杯本戦準決勝・決勝【前夜祭】

 5月17日に「第11期会津中央病院・女流立葵杯」(協賛・一般財団法人温知会)の本戦準決勝・決勝の前夜祭が、福島県会津若松市「今昔亭」で行われた。出場棋士4名のコメントと、写真で前夜祭の模様をお届けする。

第11期会津中央病院・女流立葵杯本戦準決勝・決勝
対局の組み合わせ】
藤沢里菜女流本因坊牛栄子扇興杯
上野梨紗女流棋聖向井千瑛六段
持ち時間:各2時間(5分前より1分の秒読み)
記録:森智咲二段、加藤優希初段
大盤解説:河野臨九段(立会)、安田明夏初段
※YouTube中継はこちら

藤沢女流本因坊のコメント

通算6期の実績を持つ藤沢女流本因坊

 初めてタイトルを獲得した棋戦で、とても思い入れがあります。会津は素晴らしい空気、東京では味わえない穏やかな雰囲気、自然が広がっていて、バスの中、ずっと景色を眺めていました。明日は楽しんでもらえるような対局を打っていきたい。

上野女流棋聖のコメント

女流2冠を狙う上野女流棋聖

 今回で2回目の会津です。前回は素晴らしい環境で、素敵な袴も着させて頂いて良い思い出があり、楽しみにしていました。私は歴史が好きで、お城が好きなので、時間あれば鶴ヶ城に行きたいです。明日の対局は、自分の打ちたい手を打って頑張ります。

牛扇興杯のコメント

昨年に続き、2度目の会津入りを果たした牛扇興杯

 前回、鶴ヶ城に行けなかったので、今回は梨紗ちゃん(上野女流棋聖)を誘って、機会があれば行きたいと思います。明日はこの舞台に相応しい碁を打てるように頑張りたい。

向井六段のコメント

お子さんの運動会のためにも負けられない

 昨年と今年は息子の運動会と(本棋戦の本戦)重なり、お仕事でいけないと言ったら、息子が「頑張ってね」と送り出してくれました。運動会も行きたいので、今年は立葵杯になるしかないかなと思っています(笑)。残っている方は全員タイトルホルダーですが、自分を信じて頑張っていきます。

ここから先は

182字 / 10画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!