見出し画像

第74回碁界の礎百人―林海峰、二度目の3連敗4連勝【林海峰⑨趙治勲④】

第38期本因坊戦第7局。林(左)が趙に劇的勝利

 昭和58年(1983)の碁界は大逆転に沸いた一年だった。まず、3月に決着した棋聖戦。挑戦者の趙治勲が3連敗4連勝で藤沢秀行の7連覇を阻止したのは前回お伝えしたとおり。その興奮が冷めやらぬ7月、本因坊戦七番勝負で同じことが起きた。無冠の林海峰が大三冠の趙治勲に挑戦した本因坊戦。林は第1局から3連敗を喫し、誰もが勝負あったと思ったところから、林の二枚腰が存分に発揮される。たちまち3連勝して、第7局にもつれ込んだ。その一戦をご覧いただこう。

ここから先は

922字 / 6画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!