見出し画像

【現代碁の最前線】小目の一間高バサミの簡明策【大橋拓文七段①】

 今回は小目の一間高バサミ定石で現れる「トビ型の使い方」を大橋拓文七段の解説でお送りします。「昔の打ち方が今でも通じる珍しい定石。簡単に使えるのでオススメです」と大橋七段。今回含めて3回に分けて、小目の一間高バサミ定石で必須となる変化を紹介します。

「昔の打ち方がそのまま使えるんですよね」と語る大橋七段

大橋拓文七段のプロフィール
 昭和59年(1984年)5月25日生。東京都出身。故・菊池康郎氏(緑星囲碁学園)に師事。平成14年入段、令和3年七段。日本棋院東京本院所属。

【主要な実績】
2002年:第12期竜星戦本戦入り
2003年:第13期竜星戦本戦入り
2004年:第1回中野杯U20選手権準優勝(非公式戦)
2005年:第30期新人王戦本戦入り
2006年:第31期新人王戦本戦入り
2008年:第33期新人王戦本戦入り
2009年:第34期新人王戦本戦入り、第19期竜星戦本戦入り
2010年:第35期新人王戦本戦入り、第20期竜星戦本戦入り、第1回おかげ杯準優勝(非公式戦)
2011年:第36期新人王戦本戦入り、第21期竜星戦本戦入り、第6回広島アルミ杯・若鯉戦本戦入り
2012年:第22期竜星戦本戦入り
2013年:第23期竜星戦本戦入り
2014年:第24期竜星戦決勝トーナメント進出
2015年:第10回広島アルミ杯・若鯉戦本戦入り
2016年:第25期竜星戦本戦入り、第41期棋聖戦Cリーグ、第26期竜星戦本戦入り
2018年:第28期竜星戦決勝トーナメント進出
2020年:第29期竜星戦本戦入り、大和ハウス杯第59期十段戦本戦入り、第3回SGW杯中庸戦本戦入り
2021年:第46期棋聖戦Cリーグ、第4回SGW杯中庸戦本戦入り
2023年:第49期天元戦本戦入り、第48期棋聖戦Cリーグ

テーマ図「トビの簡明戦法」

 黒2の一間高バサミには、白3と受けるのが簡明。本手法を使う上で、いくつか注意したいポイントがあるので、実戦で活用する前に予習しておきたいところ。

ここから先は

1,258字 / 18画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!