見出し画像

井山、快心勝利!【大和ハウス杯第62期十段戦五番勝負第4局・棋譜解説】

 「大和ハウス杯 第62期十段戦五番勝負」(主催:産経新聞社、特別協賛:大和ハウス工業株式会社)第4局が、4月15日(月)に大阪府大阪市北区の日本棋院関西総本部「無量」の間で行われた。
 十段位の初防衛がかかる芝野虎丸十段に対し「打ちたい手を打つ」戦闘スタイルを貫いた井山裕太王座。184手完、白番中押し勝ちをおさめ戦績は2勝2敗。決着は第5局に持ち越された。
 本局では、どのような戦いがくり広げられたのか。検討陣棋士たちの感想をもとに振り返る。(記・柳田朋哉)

盤石を手拭いで拭き清める芝野十段(左)。井山王座が入室

大和ハウス杯第62期十段戦五番勝負・第4局
主催:産経新聞社、日本棋院、関西棋院
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
賞金:700万円
持ち時間:各3時間、5分前より1分の秒読み

現地陣容
立会人:円田秀樹九段
新聞解説:佐田篤史七段
YouTube・ネット解説:大橋成哉八段
記録係:村本渉四段小西理章二段

芝野十段が初手を打ち、対局が始まった


〈大和ハウス杯 第62期十段戦五番勝負・第4局〉
 芝野虎丸十段 白 井山裕太王座
持ち時間:各3時間、残り5分から秒読み

棋譜再生はこちら

〈第1譜〉1―29 「打ちたい手を」

 白28はAのシチョウアタリも兼ねている。実戦は黒29とがんばった。最近は1図、黒1と素直に取るのは石の働きがあまり良くないという評価らしい。
 「黒29は珍しい手。研究していないと怖くて打てない」と佐田篤史七段。Aの逃げ出しをシチョウで解決できないので、右上周辺はかなり気味の悪い形のようだ。

1図

ここから先は

2,271字 / 19画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!