見出し画像

許家元、決勝進出!【第48期棋聖戦挑戦者決定トーナメント】

 一力遼棋聖との七番勝負対戦を目指す第48期棋聖戦(主催・読売新聞社、特別協賛・サントリーホールディングス)挑戦者決定トーナメント第3戦が10月23日、日本棋院東京本院で行われた。

 第1戦は、Bリーグ優勝の安達利昌七段がCリーグ優勝の平田智也八段に勝利。第2戦は、Aリーグチャンピオンの余正麒八段がBリーグ優勝の安達七段に勝利。第3戦は、Sリーグ2位の許家元九段とAリーグのチャンピオン余八段の対決だ。
 碁は黒番の許が序盤からリードを守って打ち進めていたが、中盤過ぎ、形勢は白に傾いた。ところがヨセに差し掛かり、再び許が優勢を築いて最後まで守り抜いた。
 許は「右下でかなり損をして一時は少し負けていたはずです。上辺に地がついて少し優勢になったと思いました」と局後に語った。

終局直後の両対局者

ここから先は

206字 / 2画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!