見出し画像

大関さん、敗れるもあっぱれ【プロ・アマ本因坊対抗戦】

一力を追い込む

 第61回プロ・アマ本因坊対抗戦が12月9日、日本棋院東京本院で行われ、大関稔アマ本因坊が一力遼本因坊にアマ6目コミもらいで挑んだ。
 大関さんは7月末、朝日アマ名人戦(主催・朝日新聞社)三番勝負を制して4連覇(通算では5期目の優勝)を達成。そして8月末、第69回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会で、ライバル栗田佳樹さんとの決勝に勝ち、4年ぶり3度目のアマ本因坊に輝いた。アマ二冠である。
 一力本因坊は、3日前に関航太郎天元からタイトルを奪取、三冠(棋聖、本因坊、天元)となっている。
 現アマ最強は現プロナンバーワンに互角の勝負を展開、終局は295手に。結果は一力本因坊の7目勝ちとなったが、大関さんはその実力を存分に証明した。

主催 毎日新聞社、日本棋院
後援 関西棋院
協賛 広島アルミニウム工業株式会社、フマキラー株式会社、スターツグループ

対局は「幽玄」の間。対局前に記念撮影。左は大関アマ本因坊、右は一力本因坊

ここから先は

1,122字 / 11画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!