見出し画像

第10回碁界の礎百人―碁界最大のスポンサー【大倉喜七郎】

 この欄は棋士だけにスポットライトを当てるわけではない。碁界の発展に尽くした政財界人、囲碁ジャーナリスト、アマチュア棋士など多くの人材があったのを忘れてはならない。その中からまず大倉喜七郎を紹介しよう。
 大倉喜七郎(1882―1963)は、父・喜八郎が興した大倉財閥(傘下に帝国ホテル、帝国劇場、大成建設の前身の大倉土木、東海パルプ、サッポロビールなど多数)を引き継いだだけでなく、特筆すべきは文化や芸術への貢献である。横山大観ら日本画家を全面支援、東京シンフォニー管弦楽団の結成、オペラ歌手・藤原義江らへの支援……。そして大正13年(1924)日本棋院創立時の経済面での多大な援助である。大正14年12月、東京市麴町区永田町に完成した日本棋院会館も、大倉の資金援助の賜物だった。

ここから先は

599字 / 2画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!