見出し画像

【アジア競技大会】個人戦予選4回戦

 9月25日に「アジア競技大会」囲碁競技の個人戦予選4回戦が中国・杭州棋院チェスホールで行われた。日本の一力遼選手は韓国代表の朴廷桓選手、芝野虎丸選手は韓国代表の申真諝選手と対戦し、両者とも敗れました。一力選手は2勝2敗、芝野選手は2勝1敗(手空き1回)となりました。

一力は中盤で手堅く勝つ道があっただけに悔しさを滲ませていた
芝野は序盤の劣勢を覆す粘り強さを見せるも、一歩届かず

個人戦予選4回戦の結果

9月25日:個人戦予選4回戦の結果
※左側が勝者、名前の隣が勝ち点(手空きは2点)
【A組】
申真諝8―6芝野虎丸
Kwa Jie-hui4―2LeeShou-kai
楊鼎新6―4許皓鋐
Sam In-hang4―2Karuehawanit Wichrich
陳志軒4(手空き)

【B組】
朴廷桓6―4一力遼
柯潔8―4Kang Zhan-bin
頼均輔6―4Sornarra Pongsakarn
陳乃申4―2曽富康
Lou Wan-kao2(手空き)

9月26日:個人戦予選5回戦の組み合わせ
※名前の隣が勝ち点(手空きの選手は2点加算)
【A組】
申真諝8―4Kwa Jie-hui
楊鼎新6―6芝野虎丸
許皓鋐4―4陳志軒
Sam In-hang4―2LeeShou-kai
Karuehawanit Wichrich4(手空き)

【B組】
柯潔8―4Sornarra Pongsakarn
朴廷桓6―6頼均輔
一力遼4―2Lou Wan-kao
陳乃申4―4Kang Zhan-bin
曽富康4(手空き)

 中国と韓国の強さが顕著に現れ始めました。特に、中国の柯潔選手は充実した内容で全勝街道を突き進んでいます。一力選手が「最近調子が良い」と述べており、柯潔選手が大暴れするかもしれません。


一力インタビュー

「最低4位通過を目指す」と一力

 ――一局を振り返っていかがでしたか?
 一力「あまり経験のない形から始まりましたが、形勢は悪くないと思っていました。(実戦より)堅実でわかりやすく優勢になる進行があっただけに……」

 ――具体的にどのあたりでしょうか?
 「実戦は黒aと動いて難しい戦いになりました。黒1から3と右辺方面を固めて、わずかですが黒優勢でした」

 「後は、△のコスミに黒1以下と生きを確かめて問題ありませんでした。むしろ、中央の白が薄い形なので、黒が打ちやすい進行でした」

 ――悪くない形勢が続いただけに堪える一局だったということですね。最後に、明日以降のコメントをお願いします。
 「明日もしっかり打って、最低4位でリーグを突破し、トーナメント進出を目指します」


芝野インタビュー

勝敗に限らず「平常心」で突き進む芝野

 ――1局の感想をお願いします。
 芝野「苦しい形勢は続きましたが、正しく打てばいける局面もあったようで少し残念でした」

 ――どの局面で打ちづらいと感じましたか?
 「黒1のツケに、白2と冷静に受けられた局面です。以降の進行はうまくいかず、形勢が悪いと感じていました」

 ――対局中、手応えを感じた局面はありますか?
 「黒1のポン抜きを打てたので、悪いながらも勝負になったと対局中は感じていました」

 ――大会2日目ですが、体力面はいかがですか?
 「そこまで異常は感じなかったのですが、バス移動の時に普段はしない昼寝をしたので、少し疲れているのかもしれません」

芝野は第5戦で中国の楊鼎新選手と激突

 ――成績は2勝1敗となりました。明日へのコメントをお願いします。
 「明日から中国、中華台北の選手と当たるので、(良い結果を残せるように)頑張っていきたいです」

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!