見出し画像

藤沢、決勝トーナメント進出【第33期竜星戦】

 藤沢里菜女流本因坊は8期目の本戦出場。3回戦から出場し、4連勝で7回戦進出を決めた。迎え撃つ仲邑信也九段は22期目の本戦出場。
 中盤までは仲邑が局面を優位に進めていたが、藤沢がわずかな隙を捉えて逆転に成功。そのまま勝ち切った。
 藤沢はこの対局に勝って5連勝となり、Eブロックの最多連勝者として決勝トーナメント進出が確定した。
 解説は大森泰志九段。


〈第33期竜星戦本戦Eブロック・7回戦〉
黒 藤沢里菜女流本因坊 白 仲邑信也九段

仲邑九段と藤沢女流本因坊

※棋譜再生は最終譜のあとにございます。

〈第1譜〉1―30

 藤沢の先番。白18のコスミツケに対し、手抜きで黒19とツケたのは気がつきにくい手だ。白26までの交換の後、今度は上辺を放置して黒27と左辺に戻る。
 これに白Aとツグのは黒の注文だ。仲邑は白28と上辺を占め、黒29、白30とフリカワリに進んだ。
 藤沢が積極的に局面を動かしていった印象だが、結果は芳しくないようだ。AIの評価値は白良しを示している。

ここから先は

1,599字 / 13画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!