見出し画像

第98回碁界の礎百人―平成四天王出揃い、高尾が本因坊に【張栩②高尾紳路①】

 平成四天王――山下敬吾、羽根直樹、張栩、高尾紳路の中でやや出遅れたのが高尾だった。しかし平成17年(2005)、高尾は本因坊戦の挑戦者に名乗りを上げると、たちまち第3局まで3連勝。第4局こそ敗れたものの、第5局を制し、初のビッグタイトルを獲得した。
 高尾の師は藤沢秀行名誉棋聖。本因坊になった2日後、藤沢の自宅にうかがって、こういわれた。「この碁が半目勝ちになるかねえ。胃が痛くなったよ」。その第5局を紹介しよう。 

ここから先は

1,315字 / 10画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!