見出し画像

山下、残留決める【第49期名人戦リーグ】

 第49期名人戦(主催・朝日新聞社)リーグは第8ラウンドが進行中。7月8日には山下敬吾九段―関航太郎九段戦が日本棋院東京本院で行われた。
 山下はこれまで3勝3敗(1手空き)。ここで敗れては残留争いが最終ラウンドに持ち越されてしまう。残留争いのライバルは富士田明彦七段で、現在3勝4敗(1手空き)。山下としては4勝目をあげて富士田を振り切りたいところ。
 一方の関は、名人戦リーグでは1勝5敗(1手空き)と調子に乗れず陥落、今年の手合成績も11勝15敗とかなり物足りない数字になっている。
 本局は布石から白番の山下が不満のない進行をたどり、関の攻めを正面から迎え撃って力強く勝利した。

 挑戦権争いは6戦全勝の一力遼棋聖と余正麒八段に絞られている。両者は11日に直接対決。他の選手は、5勝2敗(1手空き)の井山裕太王座と4勝3敗の許家元九段が残留決定。張栩九段は1勝5敗(1手空き)で陥落、志田達哉八段は7連敗で陥落となっている。

ここから先は

440字 / 4画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!