見出し画像

仲邑菫三段、韓国棋院客員棋士 公式初記者会見

 4日、11時から仲邑菫三段の韓国棋院客員棋士公式初記者会見がソウル市城東区の韓国棋院で行われた。
(報道資料&写真:提供・韓国棋院)

韓国棋院客員棋士の仲邑菫三段が記者会見に臨んだ

 記者会見で、「最低でも5年くらいは韓国に滞在すると考えています。目標は女子のランキング2位に上がることです」と目標を明言した。
 昨日の対局後には、「今の自分は韓国の女子ランキングで15位くらいだと思います」と語っていた。「2位に上がる」とはそれを踏まえての表現であろう。
 また、「韓国は水準が高いため1位は現実的に無理だと思います。2位に上がるためには実力を引き上げなければなりません。目標はまず1勝です」と付け加えた。

 「昨日、韓国棋院の棋士として初めて対局をしながら、これをきっかけに本格的に活動するんだなと実感しました」とし、「韓国の囲碁界は研究が進んでいて、より細かい部分まで重要視する雰囲気があります。韓国で活動しながら細かな部分を強化し、(対局で)後半に弱かった部分があるので、たくさん学びながら強化していきたいです。強い棋士が多くてレベルも全体的に高いので不安感もあります。容易ではない挑戦ですが、一生懸命やります」と抱負を語った。

ここから先は

2,114字 / 14画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!