見出し画像

【アジア競技大会】男子団体戦準決勝・女子団体戦3位決定戦

 10月2日に「アジア競技大会」囲碁競技の男子団体戦準決勝、女子団体戦3位決定戦が中国・杭州棋院チェスホールで行われた。
 日本の男子チームは韓国に5敗で敗れて3位決定戦に進んだ。女子チームは中国香港を3勝(全勝)で制し、3位入賞を果たした。女子団体戦の表彰式は明日の昼頃行われる予定。

男子団体戦準決勝の全景
個人戦から連続出場している一力(左)
3位入賞を果たした日本女子チーム

男子団体戦準決勝、女子団体戦3位決定戦の結果

10月2日:男子団体戦準決勝の結果
・日本―韓国

関航太郎✖―〇卞相壹
芝野虎丸✖―〇金明訓
一力遼 ✖―〇朴廷桓
佐田篤史✖―〇申真諝
井山裕太✖―〇申旻埈
・中国―中華台北
10月2日:女子団体戦3位決定戦の結果
・日本―中国香港
上野愛咲美〇―✖簡瑩
上野梨紗 〇―✖劉禹欣
藤沢里菜 〇―✖李樂怡

 日本の男子チームは、個人戦に続き団体戦でも苦戦が続いている。明日の3位決定戦で銅メダルを手にして日本へ持ち帰れるか、正念場を迎えている。


女子チームのインタビュー

 ――本日の一局はいかがでしたか?
 愛咲美「途中まで良いと思いましたが細かいことに気づきました。そこから切り替えて頑張ることができて良かったです」
 梨紗「(本局は)手薄くならないことを意識して、最後まで打てて良かったです」
 藤沢「序盤は自信がありませんでしたが、途中から相手の模様に入ってシノぐことができて良くなったと思いました」

日本の報道陣とのZoom取材の様子

 ――銅メダル獲得おめでとうございます。
 愛咲美「メダルを取れてうれしいですが、目標はいい色のメダルを取ることだったので…。でもチームが団結して中国香港に勝ててうれしいです」  
 梨紗「準決勝の中国戦で私が負けて、チームも負けてしまい、すごく悔しくて責任も感じています。ただ、内容として戦えた実感はあったので、次に(他の棋戦で)当たる時には頑張れると思いました。銅メダルを取れて、うれしいです」
 藤沢「私も準決勝の中国戦で負けてしまい、チームも負けてしまったのでとても悔しくて、終わった直後は結果を受け入れられませんでした。とても悔しい気持ちはありますが、良いチームで団結してメダルが取れてうれしいです」


芝野インタビュー

 ――本日の対局はいかがでしたか。感想をお願いします。
 「中盤の入り口で作戦ミスがあり、少し打ちづらい形勢になりました。中盤の終わりから終盤にかけて、あまり踏ん張れなかったのでイマイチな内容になってしまいました」

 ――3位決定戦で中華台北と当たります。
 「個人としても、団体としても満足いく結果は出せていません。次が最後になるので、切り替えて頑張りたい」

ここから先は

0字
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!