見出し画像

棋士に好評!ヨセマッチの効果とやり方【大橋拓文七段特別インタビュー】

 今回、AI研究会を行っている大橋拓文七段に、研究会の取り組みを特別インタビューしました。「ヨセマッチが棋士の間で好評なんです」と大橋七段。計算しきれない終盤感覚の向上やスキル面、心理面にも効果的であるヨセマッチを紹介します。

大橋拓文七段のプロフィール
 昭和59年(1984年)5月25日生。東京都出身。故・菊池康郎氏(緑星囲碁学園)に師事。平成14年入段、令和3年七段。日本棋院東京本院所属。

【主要な実績】
2002年:第12期竜星戦本戦入り
2003年:第13期竜星戦本戦入り
2004年:第1回中野杯U20選手権準優勝(非公式戦)
2005年:第30期新人王戦本戦入り
2006年:第31期新人王戦本戦入り
2008年:第33期新人王戦本戦入り
2009年:第34期新人王戦本戦入り、第19期竜星戦本戦入り
2010年:第35期新人王戦本戦入り、第20期竜星戦本戦入り、第1回おかげ杯準優勝(非公式戦)
2011年:第36期新人王戦本戦入り、第21期竜星戦本戦入り、第6回広島アルミ杯・若鯉戦本戦入り
2012年:第22期竜星戦本戦入り
2013年:第23期竜星戦本戦入り
2014年:第24期竜星戦決勝トーナメント進出
2015年:第10回広島アルミ杯・若鯉戦本戦入り
2016年:第25期竜星戦本戦入り、第41期棋聖戦Cリーグ、第26期竜星戦本戦入り
2018年:第28期竜星戦決勝トーナメント進出
2020年:第29期竜星戦本戦入り、大和ハウス杯第59期十段戦本戦入り、第3回SGW杯中庸戦本戦入り
2021年:第46期棋聖戦Cリーグ、第4回SGW杯中庸戦本戦入り
2023年:第49期天元戦本戦入り、第48期棋聖戦Cリーグ


実戦を想定した勉強

勝率と目数差の推移はすぐに分析できる

 ――普段はどのような勉強していますか?
 「AI研の勉強が基本となっています。布石研究とヨセマッチ、研究会の対局がメインです。AI研は週1で行われていて、朝10時頃に布石研究を5時間ほどし、休憩を挟んだ後にヨセマッチを3時間ほどやります。普段の手合と同じ時間に同じ要素の勉強に取り組むのが理想的かなと」

 ――研究会では、AIを使ってどの程度まで調べますか?
 「1つの形を徹底的に調べる場合もありますが、多くの場合、実戦で実現確率の高いものを研究することが多いです。例えば、5人で研究していたら、5人に聞いた候補手を調べます。深くというより、広く調べているイメージです」

ここから先は

1,346字 / 3画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!