見出し画像

【アジア競技大会】1回戦の対戦相手決定&一力・芝野の個人戦へのインタビュー

 9月24日に「アジア競技大会」囲碁競技の個人戦が中国・杭州棋院チェスホールで行われる。個人戦予選1回戦と団体戦予選1回戦の組み合わせと、一力遼九段と芝野虎丸九段に個人戦への抱負を語って頂いた。


1回戦の組み合わせ

対局会場の「杭州棋院チェスホール」

男子個人戦(9月24日~28日)
■予選1回戦の組み合わせ(24日午前)

【A組】
許皓鋐―LeeShou-kai
陳志軒―Karuehawanit Wichrich
申真諝―楊鼎新
Kwa Jie-hui―Sam In-hang
芝野虎丸(手空き)
【B組】
朴廷桓―柯潔
一力遼―曽富康
頼均輔―陳乃申
Lou Wan-kao―Sornarra Pongsakarn
Kang Zhan-bin(手空き)

団体戦(9月29日~10月3日)
■予選1回戦の組み合わせ(29日午前)
【男子団体戦】

中国香港—モンゴル
マレーシア―日本
中華台北―韓国
タイ―中国
シンガポール(手空き)
【女子団体戦】
日本―タイ
中華台北―韓国
マレーシア―中国香港
モンゴル―中国

ルール(個人戦、団体戦共通)
持ち時間は 1 時間、30 秒 3 回の秒読み、中国ルール(コミ7目半)

 1回戦では、A組の芝野は手空きとなり、B組の一力は日本棋院所属の曽富康(マレーシア)と対決する。その他の注目カードは、申真諝(韓国)―楊鼎新(中国)、朴廷桓(韓国)―柯潔(中国)戦だ。早くも優勝候補同士の選手が激突。なお、1回戦の一部の対局は中継される予定だ。

7、8階にある対局室全景
映像中継がされる対局場の風景。
今回使われる対局時計

個人戦の選手インタビュ―

 9月24日に個人戦に出場する一力と芝野に、開幕直前のコメントを頂いたので、以下にまとめました。

各棋戦で活躍中の一力(写真は8月の記者会見)

 ――Bリーグに振り分けられたが、選手の印象を教えてください。
 一力「中国、韓国、台湾と強力なメンバーである中でも、中国の柯潔さんは最近調子が良さそうなので強敵です」

 ――1回戦の相手はマレーシアの曽富康さん。意気込みを教えてください。
 「曽富康さんは日本棋院所属で、洪道場の後輩でもあります。こういう形で当たるのは感慨深いです。1回勝てば、中国か韓国(柯潔―朴廷桓)と当たるので、まずはそこを目指したい」

 ——最後に、個人戦の目標をお願いします。
 「グループリーグを良い順位で突破し、最終日(準決勝、決勝、3位決定戦)に残れるように頑張ります」

「メダル争いに残りたい」と芝野(写真は8月の記者会見)

 ―—A組メンバーの印象は?
 芝野「基本的には中国、韓国、台湾の3人が大変な相手になると思っていましたが、どこの選手も強いと思います。ただ、そんなに気にするほどでもないと考えています。もちろん、大変な相手ですけど、自分の力を出せればと思います」

 ——最後に、個人戦の目標を教えてください。
 「グループリーグをまず突破し、トーナメントで1回勝って、メダル争いに残りたいです」

ここから先は

0字

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料
このメンバーシップの詳細

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!