見出し画像

仲邑、快勝【第33期竜星戦】

 青木裕孝三段は4期目、仲邑菫女流棋聖は初めての本戦進出。
 注目の仲邑菫女流棋聖が、ついに竜星戦本戦に登場。中盤の戦いに競り勝ち、短手数で勝利を決めた。
 解説は武宮陽光六段。


〈第33期竜星戦本戦Hブロック・1回戦〉
黒 青木裕孝三段 白 仲邑菫女流棋聖

青木裕孝三段(左)と仲邑菫女流棋聖

※棋譜再生は最終譜のあとにございます。

〈第1譜〉1―25

 青木の先番。黒1から5と、実利重視の手堅い構えをとる。対する仲邑は、隅は星に打つことが多い印象だ。「白6の高ガカリも好んで打っていますね」と武宮六段。
 仲邑は白18、20を決めた後、22のシマリを優先した。黒23は逃せぬ大場。

ここから先は

1,097字 / 10画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!