見出し画像

安達、リード守りきる【第33期竜星戦】

 安達利昌七段は13期目の本戦出場。4回戦で上野愛咲美女流立葵杯を破り、5回戦進出を決めた。迎え撃つ瀬戸大樹八段は14期目の本戦出場。
 序盤の戦いで安達がペースを掴み、局面をリード。以降も的確な打ち回しを見せ、付け入る隙を与えなかった。
 解説は山田拓自八段。


〈第33期竜星戦本戦Bブロック・5回戦〉
黒 安達利昌七段 白 瀬戸大樹八段

瀬戸大樹八段(左)と安達利昌七段

※棋譜再生は最終譜のあとにございます。

〈第1譜〉1―31

 安達の先番。黒19の広いハサミは、左下白の厚みを意識してのものか。瀬戸は白20、22を決め、24とハサミ返す。
 安達は黒27と右辺の位を取り、白28を待ってから黒29と動き出した。最初の戦いが始まった。

ここから先は

1,719字 / 13画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!