見出し画像

第30回碁界の礎百人―軽妙かつ饒舌の観戦記【覆面子(山田虎吉)】

 二人だけの九段、呉清源と藤沢庫之助による互先十番碁は連載27で紹介したように、呉が藤沢を一段差の先相先に打ち込んで決着した。しかし藤沢は周囲の反対を振り切って、再戦を申し込んだ。こうして実現したのが第2次打ち込み十番碁である。藤沢はたちまち追い込まれた。定先に打ち込まれるかどうかの第6局は藤沢の白番。

ここから先は

568字 / 2画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!