見出し画像

第87回碁界の礎百人―揺れる半目、大竹の名人復帰ならず【小林光一⑥大竹英雄⑥】

 昭和50年代、大竹英雄は名人戦男と呼ばれた。名人在位4期のほかに、敗れたとはいえ、挑戦手合出場8回は、確かに名人戦男というにふさわしい。昭和63年から小林光一が名人戦7連覇を果たすが、そのうち3回は対大竹戦だった。
 小林―大竹の名人戦挑戦手合が最も白熱したのは平成4年(1992)の第17期である。小林が第1局、第3局、5局と黒番をものにすれば、大竹も第2局、4局、6局の黒番に勝利して、最終局にもつれ込んだ。その一戦を紹介しよう。

平成4年、充実の一年を過ごした小林光一
名人戦男と呼ばれた大竹英雄

ここから先は

1,387字 / 10画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!