見出し画像

第82回碁界の礎百人―昭和から平成へ、3強の争い【小林光一③武宮正樹②】

 元号が昭和から平成へと変わった1989年の年頭のタイトルホルダーは次のとおり。
 棋聖  小林光一
 名人  小林光一
 本因坊 武宮正樹
 十段  趙 治勲
 天元  趙 治勲
 王座  加藤正夫
 碁聖  小林光一
 3冠の小林が一歩抜け出した形だが、本因坊4連覇中の武宮、交通事故による大けがから復活した趙とともに、3強時代と呼ばれていた。その中からまず小林と武宮による棋聖戦挑戦手合を紹介しよう。アメリカ・ニューヨークで行われた第1局は武宮が勝って幸先いいスタートを切ったものの、第2局以降は小林が3連勝。武宮カド番の第5局は、武宮の名局といわれたのだが……。

ここから先は

1,028字 / 10画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!