見出し画像

仲邑、開幕飾る【第35期女流名人戦博多・カマチ杯リーグ戦】

 上野愛咲美女流名人への挑戦権を争う第35期女流名人戦博多・カマチ杯(協賛・一般社団法人巨樹の会株式会社トータル・メディカルサービス株式会社メディカルテンダー)リーグ戦が11月2日、日本棋院東京本院で始まった。
 出場メンバーは、上野にタイトルを奪われた藤沢里菜女流本因坊、前期リーグ残留の3名=仲邑菫女流棋聖、牛栄子扇興杯、上野梨紗二段、予選を勝ち抜いた3名=謝依旻七段、井澤秋乃五段、星合志保三段、合計7名。
 開幕カードは、仲邑対星合戦だ。
 仲邑は客員棋士として韓国棋院へ移籍することが決定し、3日前に記者会見を行っている。日本棋院所属棋士として日本の棋戦を打つのは、来年2024年の2月末日まで。
 星合は、初の女流名人戦リーグ参戦。この日が初陣である。

ここから先は

320字 / 4画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!