見出し画像

【現代碁の最前線】小目の一間高バサミの特殊形【大橋拓文七段③】

 前回に続き、小目の一間高バサミ定石で現れる「特殊形の打ち方と対策」を大橋拓文七段の解説でお送りします。切り違い戦法や手抜きの足早戦法など、変化球の打ち方にどのような意図があるか、見ていきます。今回含めて、3回の内容で一間高バサミ定石は網羅できるはずです!

「現代定石は手番優先か、形の重視か難しい」と大橋七段

テーマ図1「切り違い型の解析」

 白1、3の切り違いは、昔から実戦例のある打ち方。ただ、改良されたことで、黒が打ちやすくなることがわかっています。

ここから先は

1,532字 / 23画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!