見出し画像

第43回世界アマチュア囲碁選手権大会が開幕(中国深圳大会)

 第43回世界アマチュア囲碁選手権大会15日から18日にかけて中国深セン市宝安区の「宝安1990文化館」を会場に、世界46か国・地域から選手が参加して行われる。日本代表選手は栗田佳樹(東京理科大在学)さん。世界アマ初出場である。

栗田佳樹選手

 本戦が始まる前日(12月14日)の夜に、宝安1990文化館で開会式が開催された。(写真:深セン市宝安区の主催提供)

≪主催≫
国際囲碁連盟、中国囲棋協会、深セン文化スポーツ観光ラジオテレビ局、宝安区地方自治体

≪競技規定≫
国際囲碁連盟(IGF)ルールを採用
(1) スイスシステムの全7回戦。
(2) 手合割りはオール互先、先番6目半コミ出し。
(3) 持ち時間60分、のち30秒の秒読みを3回。 
(4) 対局ルールは「世界アマチュア囲碁選手権戦ルール(日本ルール)」を使用し、問題が生じた時は審判が判定します。
(5) 対局開始後、15分以上遅刻した場合、不戦敗。

※日本時間

 開会式で挨拶にたった中国囲棋協会主席の常昊九段は、「世界アマチュア囲碁選手権大会は1979年の創設以来、毎年開催されています。現在、世界アマチュア囲碁選手権大会は最高の基準、最も長い歴史、最大の影響力、そして最も広い範囲を誇る世界アマチュア囲碁選手権大会です」と述べた。

13歳のときに第12回大会に出場し8戦全勝で優勝した中国囲棋協会主席の常昊九段

 続けて、「囲碁は世界的にも普及しています。囲碁界において非常に重要な大会です。中国の棋士は常にこの大会で好成績を収めています。私も1990年、13歳のときに第12回大会で優勝しました。この優勝は少年時代にとても良い思い出を残してくれたので、世界アマチュア囲碁選手権大会にはずっと深い思い入れがあります」と本大会への思いを語った。

 常昊九段は13歳のときに8戦全勝で優勝した。今でも本大会の最年少記録である。

「世界アマ優勝は少年時代に良い思い出を残してくれたので、ずっと深い思い入れがあります」
オープニングセレモニー(1)
オープニングセレモニー(2)
オープニングセレモニー(3)、開幕!
開会式に参加する世界から集まった選手たち
メディアの取材を受ける常昊主席
CCTVでも放送され、インタビューを受ける

 大会は15日から18日にかけて7回戦が行われる。

大会会場の中国深セン市宝安区「宝安1990文化館」
大会で使う盤石。中国の石は裏側が平らになっている

≪ドーピングテスト≫
(1) 国際囲碁連盟により、大会後にドーピングテストを実施します。(2) 対象者は、上位入賞者3名と、それ以外に1名の選手が抽出されます。

≪表彰≫
(1) 優勝者に「第43回世界アマチュア囲碁選手権者」の称号及び中国囲棋協会より八段免状を授与します。 (2) 2位から10位までの入賞者に賞杯を授与します。

電子対局時計。ボイスタイマーを使用し、秒読みは英語
3階が世界アマ、4階では中国のトップ棋士が出場している棋戦「大棋士戦」を同時開催
選手たちは会場に入るときに、AI対策などにより手荷物検査が行われる
中国の家庭向けのAI(人工知能)囲碁ロボット SenseRobot(センスロボット)
AI囲碁ロボット・SenseRobot(センスロボット)と対局する選手達

ここから先は

0字

『棋道web』は日本棋院の公式WEB囲碁情報配信サービスです。棋戦やアマ大会の情報をはじめ、上達に役…

『棋道web』読み放題プラン

¥1,430 / 月
初月無料

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!