見出し画像

一力が早碁決戦を制す 【阿含・桐山杯決勝・棋譜解説】

 12月24日、「阿含・桐山杯第30期全日本早碁オープン戦」(特別協賛:阿含宗、後援:京都新聞)決勝が一力遼棋聖と井山裕太王座によって争われた。この対局は本来なら10月7日に行われる予定だったが、対局者の体調不良のためここまで延期になっていたもの。クリスマスイブの囲碁ファンに向けて、2023年のタイトル戦をしめくくるにふさわしい大熱戦となった。
 中盤戦で抜け出した一力が中押し勝ちをおさめ、5期ぶり2度目の優勝。一方の井山は本棋戦3年連続の準優勝と悔しい結果となった。
 棋道webでは寺山怜六段の解説で振り返る。
(記・関根新吾)


ここから先は

1,513字 / 11画像
この記事のみ ¥ 220
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!