見出し画像

第42期女流本因坊戦五番勝負⑤・棋譜解説

 11月15日に「第42期女流本因坊戦五番勝負」の第5局(主催・共同通信社など)が東京都市ヶ谷「日本棋院東京本院」で行われた。藤沢里菜女流本因坊が上野梨紗二段に黒中押し勝ちし、3勝2敗で4連覇を達成した。(第5局のタイムラインはこちら

第42期女流本因坊五番勝負第5局(※棋譜再生はこちら
黒番:藤沢里菜女流本因坊、白番:上野梨紗二段
持ち時間:各4時間、残り5分より秒読み
消費時間:黒3時間55分、白3時間59分
結果  :267手完、黒中押し勝ち
主催  :共同通信社、日本棋院
協賛  :JA共済連共栄火災
協力  :関西棋院
対局会場:東京都市ヶ谷「日本棋院東京本院」
第1局:10月12日 上野二段、黒中押し勝ち
第2局:10月16日 藤沢女流本因坊、黒中押し勝ち
第3局:10月21日 上野二段、黒中押し勝ち
第4局:11月7日 藤沢女流本因坊、黒中押し勝ち
第5局:11月15日 藤沢女流本因坊、黒中押し勝ち
藤沢里菜女流本因坊が3勝2敗で4連覇!


第1譜(1―66)「攻めと守りの構図」

 黒1から7まで第4局と同じ進行。白14から20と受けた後、黒21から25と守られた後の対応が焦点となった。実戦は白26と背中から迫り、黒27から35とかわす進行を選択。
 黒39、41の反発に白42から50と治まって一段落。大場を占める選択肢がある中、黒51から53が「藤沢らしい手厚さ」。白66まで、左辺と右下の黒を分断して昼食休憩へ。

〈参考図1〉白1、3と出切りは「選びたくない進行」と立会の片岡聡九段。黒4以下と右辺を占められて白イマイチ。下辺の白陣に、黒aと荒らす手段を残されているのが難点だ。

藤沢は序盤から持ち時間を使い、慎重な立ち上がりを見せた
第4局と同じ布石を選んだ上野

ここから先は

1,491字 / 18画像
この記事のみ ¥ 110
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートお願いします! いただいたサポートはクリエイターとしての活動費に使わせていただきます!